中途採用

求めています、
「誰かのために本気になれる人」

すべての原点は、目の前の方をどれほど想いやることができるかです。
地域の実情を見つめ、お客様の声に耳を傾けながら、
私たちにできることを探し、周りを巻き込んで実現して行く力が求められます。
本気になるといっても、ただがむしゃらになるだけでは自己満足になってしまいます。
高い目標を掲げ、それをすることが本当に役に立つことなのか、もっと良い方法はないのかと試行錯誤をし続けます。
また、マルタマでは「誰かのために本気になれる人」として、次に掲げる5つの姿勢を大切にしています。

大切な5つの姿勢

  • ①ホスピタリティー:だれかのために何かしたいという愛にあふれた人

    • 私たちの仕事は、すべて相手を思いやる心から生まれています。目を配り、気を配り、心を配ること。それは身近なことや周囲の人々に関心を持ってよく観察し、その思いを感じ取るところから始まります。そこから気付きが生まれ、アイデアが生まれ、工夫が生まれるのです。
      改善活動もそのひとつ。たとえば壁をつたって歩いているお客様を見掛けた際は、まずサポートさせていただきます。次にその情報を共有し、より歩きやすい方法はないか検討。その結果、よく通る道に手すりを設ける・・・といった具合です。
      ひとつひとつは単純なことかもしれません。しかし、そういった小さな思いやりを積み重ねた先にこそ、お客様の大きな満足が待っているのです。だれしも大切な人に対しては、慈しむ気持ちがあるはず。その気持ちを、身近な仲間やお客様に広げていきましょう。
  • ②素直さ:自分と違う価値観を柔軟に受け入れ、自己の視野を広げられる人

    • 世の中にはさまざまな価値観があります。同じ出来事に対しても、その受け取り方は千差万別です。たとえばお客様の落とし物を拾って差し上げた際、拾ってもらってうれしいと感じる方もいれば、他人に触られることを嫌う方や警戒される方もいらっしゃいます。
      どのように反応されても相手の価値観を否定するのではなく、まずはありのまま受け入れる気持ちが大切。そこからお客様はどう感じたのか、何を望んでいらっしゃるのかを考えることが、お客様対応やサービスの幅を広げることにつながるのです。
      この姿勢は、何かを学ぶ際にも重要です。自分とまったく同じ人間は、この世に存在しません。このことを念頭に、持ち合わせていなかった考え方や価値観を積極的に吸収し、自分の中の引き出しを増やしていってください。
  • ③勉強好き:絶えず学び、目標達成に必要な知識やスキルを吸収し、成長しようとする人

    • お客様のためを思って何かに取り組む際、自分の持つ知識や技術では解決し切れないことがあります。その課題が大きければ、なおさらです。そんなときにこそ自分から積極的に学び、知識や技術を吸収していく力が求められます。
      当社では変わらないことをよしとしていません。目まぐるしい世の中にあっては「変化しないことと衰退することは同義」ととらえているのです。きのうよりきょう、きょうよりあした・・・当社で働く際は常に過去の自分を超え続けることを意識してください。
      そのためには、小さなことでも改善を続けることが大切です。「サービスについて説明したけれど、お客様は分かりにくそうだったな。次はもっと分かりやすくしよう。そういえば先輩の説明はいつも分かりやすいな。どんな風にご案内しているのか聞いてみよう!」。こういった積み重ねが自身の成長につながります。お客様に対しては、常に自分たちの成長をもってよりよいサービスを提供し続けるという気持ちを持ってほしいと思います。
  • ④ポジティブ:どんなときでも前向きに「どうしたらできるか」を考える人

    • 仕事というものは、簡単なことや上手くいくことばかりではありません。ときには失敗したことを悲観してしまったり、叱責されたことを周囲のせいにしてしまったりすることもあるでしょう。しかし、それだけでは何も進歩しません。落ち込むことも後悔することも必要ですが、そのうえで「どうしたらできるのか」「もっといいやり方はないのか」と考え続けることが重要なのです。
      当社で働くみなさんには、困難を楽しんでいく姿勢を持ってほしいと思います。達成したい目標に向かってまっすぐに、何ごとにも前向きな姿勢でチャレンジしていきましょう。
  • ⑤情熱的:自らの手でより良いものを創り上げていくという強い使命感と実行力を有している人

    • お客様のお声を聞く中で、チーム一丸となり取り組み新しく始めたサービスがあります。そのサービスはチームで創り上げた成果となり結果が表れます。その結果に対し、改善策を練りまた実行していく。これを繰り返すことで、より良いものが創り上がっていきます。チームでの協力が不可欠な中、「自分がやらなくても誰かがやるだろう」。このように誰かやるだろうでは誰もやりません。何事も他人任せにせず、自分がその一端を担っているという意識と諦めずにやり抜く強さを持ち合わせているかです。
      自分自身がお客様を担っているという責任感を持ち続けて欲しいと思っています。

エントリーはこちらから